突然の不意の動きには弱いFXの自動的なシステム

突然の不意の動きには弱いFXの自動的なシステム

FXで売買をする方法は、主に2種類になります。手動でそれを行う方法と、自動的な方法です。最近では後者の方法で、売買をしている方々も増えてきています。なぜなら人々は忙しいからです。
そもそもサラリーマンが副業のためにその金融商品で売買をするにしても、ちょっとお仕事が忙しいケースも珍しくありません。昼間の時間帯は会社の作業に集中しなければならないでしょう。それで会社で仕事をしなければならないので、なかなか取引に時間を割くことが難しくなってしまうのですね。
ところでそれが難しくなるのは、手動での方法です。自動的の方法の場合は、たとえパソコンの電源を切っていても、常に売買をしてくれるのですね。その意味では、自動的の方法の方がメリットは大きいでしょう。
しかし残念ながら、その自動の方法にもデメリットはあります。突然の動きには若干弱い一面があるのです。
例えば誰か経済の重要人物が、何かの発言をしたとしましょう。それで突然に大きな値動きが発生することも、珍しくありません。
そして重要人物の発言は、本当に突然到来します。何の前ぶれもなく大きな値動きが発生するケースも、多々あるのですね。
その不測の大きな値動きが発生してしまうと、その自動的なシステムがリズムを崩してしまう事が非常に多いのです。それで思わぬ損失が発生してしまうケースも、珍しくありません。
またアメリカの雇用統計なども同様です。あれもかなり大きな値動きが発生するのですが、あれで急騰などが起きますと、やはりそのシステムのリズムが崩れてしまう傾向があります。もちろんそれも、損失になってしまいかねないのですね。
ですのでそのシステムで売買をする時には、ちょっと経済指標のタイミングは、一旦スイッチをoffにしておく方が良いでしょう。うっかり発注されないように、アメリカの雇用統計が発表されるような時だけは、ちょっと自動のシステムを監視する必要があります。それがそのFXの自動システムの、デメリットの1つと言えるでしょう。