他力本願から自力での試行錯誤に変化したFXに対する私の考え方

他力本願から自力での試行錯誤に変化したFXに対する私の考え方

FXに対する考え方は、レベルに応じて変化するものです。私はすでに数年間この金融商品での売買を行っていますが、だいぶ考え方が変化したと思います。少なくとも数年前に比べると、劇的に変化している事だけは確実ですね。
私がこの金融商品を始めたばかりの頃は、とにかく他力本願でした。専門家の方々のアドバイスを求めていることが、非常に多かったのですね。
この金融商品に関する情報を色々と調べますと、経験が長い方々がネットで意見を配信している事があります。私は一時期、その意見を知りたいと思っていることが非常に多かったのですね。プロの方々による予想を聞いて、自分でも大きく稼ぎたいと思っていることが非常に多かったです。
そのため以前は、よくセミナーに参加していました。金融会社では無料のセミナーを実施している事も多いですが、よくWEBセミナーに参加をしていたものです。あれに参加すると、アドバイスを聞けることが非常に多いからです。
それと、書籍などもよく読んでいました。書店などに行きますと、投資に関する書籍が多く陳列されています。それを熟読して、自分なりに売買を頑張っていた事もあるのです。
そうこうしている内に、数年間が経過しました。そして今では、私は他力本願の姿勢は完全に捨て去っています。そもそも熟練のトレーダーの意見を参考にしても、あまり意味が無い事が分かったからです。
その熟練の方々と私のやり方は、そもそも時間軸が大きく異なります。多くの方はスイングトレードに関するアドバイスをしているのですが、私の場合はその時間軸ではないのですね。もっと短期的なやり方で売買をしているので、正直あまり参考にならない事が多いのです。
それよりも、自分なりに色々と研究をする方が楽しいですね。時には上手く行かずに損失が発生してしまう事もあるのですが、自力で色々と試行錯誤をする方が楽しいと思います。それで利益率も上がってきているので、今後は自力での試行錯誤を続けて行こうと思っている次第です。