FXが大きく普及した理由とWEB媒体による注文

FXが大きく普及した理由とWEB媒体による注文

FXが大きく普及した理由とWEB媒体による注文

 

FXという商品は、基本的にはWEBで注文をする事になります。電話などではありません。一応電話で注文をする事もできるのですが、かなり手数料が高めになります。その関係もあって、やはりWEBで注文をしている方々は非常に多いですね。ところで以前のその金融システムは、WEBで注文できる状況ではありませんでした。いわゆる為替ディーラーの方々は、もっと別の方法で注文していたのですね。電話による注文が主だったのです。その関係上、当時の為替ディーラーの部屋はかなり騒がしかったと言われています。

 

金融会社の独自のルームで注文を行っている事が多かったのですが、どうしても声が大きくならざるを得ませんでした。多くのディーラーの方々が着席しているルームだったので、様々な電話の声が飛び交います。それだけにディーラーとブローカーとの間では、大声でやり取りが行われているケースも多かったのですね。声が小さいと、電話で相手に話が伝わらないからです。

 

もしも現在のFXのシステムがそのような状況ですと、恐らく今よりも普及度が小さかったと思います。というのも現在のWEBの方法の場合は、非常に速やかに注文をする事ができますし、そもそも相手に対して大声を出す必要がありません。そもそも声を出して売買をするとなると、それができる場所もある程度限られてくるでしょう。自室ではあまり声を出せないケースも珍しくないのです。

 

また電話で売買をするとなると、少々時間がかかります。声を出してブローカーに注文を発し、担当会社がその注文内容を入力するまでには、かなりのタイムラグが発生してしまうでしょう。それでは売買のチャンスを逃してしまう事にもなりかねません。ところが現在のシステムの場合はWEBになりますので、非常にスピーディーに売買をする事ができるのですね。明らかに電話よりも、利便性が良い訳です。これだけ便利なシステムになっている訳ですから、従来の電話でのFXのシステムになっていた場合は、やはりこの金融商品は普及しなかったのではないかと考えます。