金利が高めなFXの会社を選ぶのに苦戦していた私

金利が高めなFXの会社を選ぶのに苦戦していた私

金利が高めなFXの会社を選ぶのに苦戦していた私

 

私がFXを始めたばかりの頃は、少々苦戦していました。それは利益率という意味で苦戦をしていた訳ではなく、もっと根本的な話です。会社選びですね。そもそも金融会社の数は、非常に多いです。1社や2社程度などではなく、数十社程度の会社があるのですね。余りにもその会社が多いので、とにかく当惑してしまった事があります。当時の私は、比較サイトというものの存在を知りませんでした。一覧表形式で様々な金融会社を表示してくれているサイトは、今では当たり前になっています。しかし当時の私は、それも知らなかったのですね。

 

ですので私は、会社を選ぶために一つ一つのホームページにアクセスをしていました。それで一つ一つの金融会社を、細かく見ていったのですね。当時の私は、金利の高さを重視していました。その時はオセアニアの外貨に興味を持っていて、とにかくその金利が高い金融会社が望ましいと思っていたのですね。それで色々な会社を比べてみると、思った以上に差があることに気が付きました。10円くらいの差が付いている事も、決して珍しくないのですね。

 

それで色々と会社を比べてみて、ようやく1つの金融会社に落ち着いて記憶があります。そのリサーチに要した期間は、実に1ヶ月前後になります。かなり慎重に会社を選んでいたと思いますね。しかし今振り返れば、そこまで慎重になる必要はなかったとも思うのです。なぜなら口座を作る分には、特にリスクはないからです。そもそもこの金融商品は、いわゆる口座維持のためのコストはないでしょう。銀行の口座を保有していても、料金が徴収される事もありませんね。ですので多数の会社で口座を作っても、特に何か損が生じる訳ではありません。

 

であれば、当時の私は色々なFXの会社で口座を作っても良かったのではないかと思います。それで実際に様々な会社のシステムに触れてみて、最も良さそうな所を利用するやり方でも良かったのではないでしょうか。